FEATURE
大会の魅力

爽やかな風と緑に囲まれた心地の良い風景を感じて

丹波市は中国山地の粟鹿山をはじめ急峻な山々によって囲まれた自然豊かな地域となっています。当大会スタート地点三ッ塚史跡公園は白鳳時代(7世紀後半)に建立されたの寺院跡に作られ、新治廃寺式という日本で三例しかない珍しい伽藍配置を持つ国指定史跡で、周囲は整備されて緑がいっぱいの公園です。5月には「野上野れんげ」「九尺ふじ」「霧島つつじ」など美しい景観に出会えます。

ゲストランナー原裕美子さんゲストランナー原裕美子さん

丹波市三ッ塚マラソン大会 ゲストランナー

原 裕美子選手

プロフィール

栃木県出身。高校3年時に日本選手権で10000m 9位(当時ジュニア歴代3位)となりました。同年、東日本女子駅伝で区間新記録を樹立。
2000年に京セラに入社後、初マラソンとなった2005年名古屋国際女子マラソンで優勝を成し遂げる。同年、世界陸上ヘルシンキ大会では世界記録保持者にただ一人ついていく積極果敢な走りで6位入賞(日本人1位。団体準優勝)を果たし、当時お茶の間を賑わせた。
その後幾多の怪我を乗り越え、2007年大阪国際女子マラソン、2010年北海道マラソンで復活優勝をする。日本人で唯一、国内3大マラソンにおいて2大会制覇している。
現在はHRC代表として、市民マラソン大会でのゲストランナー、ランニング教室で幅広い年代の講師、講演活動をしている。現役当時の安静時脈拍数は1分間に27~34回。

 

主な成績

・2005年 名古屋国際女子マラソン 初マラソン初優勝
・2005年 世界陸上ヘルシンキ大会 6位(日本人トップ)
・2007年 大阪国際女子マラソン 優勝
・2007年 世界陸上大阪大会
・2010年 北海道マラソン 優勝

丹波No.1のランナーを5月に決定!

毎年、マラソンの開催数が少ない5月だからこそ丹波にトップランナーが集結しています。

ランナーランナー

カーネーションをプレゼント!

翌週の母の日にちなんで「3㎞・5㎞の小中学生の部門」の方にはカーネーションをプレゼントしています。

カーネーションカーネーション

完走後に会場でまったり

閉会式後には、アトラクションが予定されており、芝生の上でまったりと抽選会などのイベントが楽しめます。

会場会場